弓彦戦記

死にました

13戦目 「サボテン」

今更ながら
友達がいない という事の深刻さに気づく


僕はかなりクセがスゴい!人間でして、クセを受け止めてくれるor気にしない人とつるみがち

 

具体的にいうと僕を子供扱いしてくれる人

 

なので何かと10くらい離れてる人に遊んでもらっている そして、それは趣味の仲間であって今日のテーマの 友達 ではないワケ


僕も広義の友達はいる(お前は友達じゃねぇって言われたら改めるけどさ)
この場合

・小中までの地元の友達
・高校以降の仲良かった奴
・趣味の合う仲間

とかでしょう


今回僕がいない という友達とは
・暇だな~ って時になんとなくLINE送る・来る
・何週間も前から予定立てなくても遊べる
・月2くらいで会う

的な意味の友達でありまして、、、、、


これがいないんだな~~~~~~
要するに距離の近い友達がいないんだ
日本語だと親友って言葉もあるらしいが私の辞書には実装されていません!


原因は至ってシンプル

誘われない→こっちから誘う→都合つかない→誘うことさえ許されない気がしてくる→消滅!

原因を考える→自分に非がある気がする(クセが強い!とか)→非を認める→消滅!


これはしゃーない 解散
あまりにも切なすぎる


上記の理由に併せて、僕は何かと人間関係を断絶させがちな男なので広義の友達でさえも、時の流れと共に他人になっていくのね


だってさ? 自分に何も連絡が来ないってことは、誰かと楽しくやってるってことじゃん!?
僕がいない場所が調和の取れた楽園ってことでしょ~ そこに土足で踏み入る勇気ないなぁ


こういう思考もまた、スゴいクセ!!
なんだろうね 無の無限ループ


まぁ、文章に紡ぐとあまりにも悲惨に見えますが、これはまた闇にならなきゃいいのよ。
羨ましい とか さみしい くらいなら努力すればいい

これが妬ましい とか 苦しい になるとどんどん捻じ曲がって酷いことになりますから

あと、強がって開き直ったり、めんどくさいで済ますのも寒いね かっこ悪いと思う

 

対処法はもがかず、じっと耐える
大人になる

です、、、、、、、、


あと、人間に固執せず、ヒト以外の友達を作ること、、、、イヌ ネコ 馬 亀 サボテン とかね


動物って裏切らないからね
愛を注げばその分かえってくるよ、、、、

 

話題の着地点を見失った、、、、

 

 

つづく!