弓彦戦記

天才と天狗の遊び場

83戦目 「桜木花道」

桜木花道みたいだな」

課長の帰宅時の一言である

 

我が街を代表するブラック企業に勤める僕は岐阜に拉致され、違法な強制労働に汗と涙を流している  今日でちょうど1週間 8:00~19:XXまでを休みなく続けていた

 

強制労働は明日で終わりなのだが、いかんせん進捗が芳しくない そりゃそうだ ポンコツの僕とブレーンの課長しかいないんだ 今日はフィルターのパッキンが噛んでて噴水になっていた

 

僕の仕業だ

 

そんな工期に追われたなか、気がつくと現場は21時をゆうに回っていた

 

流石に死にそうだったが僕も労働ガチ勢だ

会社にいれば22時まで残業している 今日踏ん張ればもう帰れるぞ と

その時

 

背中を再びいわした(※70戦目 激痛 参照)

 

死ぬかと思ったがギリ生きた

流石に戦意消沈した僕は我に返りこんな違法な労働をさせるクソ共を死ぬほど恨んだ

ちょっと死にかけたワケだし

 

そして帰宅中、課長に背中の痛みを訴える

明日休んでいいぞ、とか言わへんかな、、、

 

課長 「(1行目に戻る)」

 

 

 

 

 

すまん、スラムダンク読んでないわ

すまん

 

 

 

 

 

今日はお題を頂いてまして

「桜見に行くんですね じゃあ桜のつく言葉やことわざでいきましょう!」との事でしたが桜なんて見に行けませんでした 乙

課長に言われてピンと来たのでこのような形にまとめさせていただきましたので御精査ください

 

 

ガチで言うとaikoの「桜の時」聴いとけ

俺の青春や

 

 

 

 

つづく!