弓彦戦記

天才と天狗の遊び場

130戦目 「闇稼業」

今日は秘密結社のエージェントとして某大企業に潜入

 

ミッションはポンプの密輸と、搬送コンベアの制御盤ハッキング

 

 

 

ちなみに全て合法である 法に触れているのは我が社の労働環境のみ  世の中~(画像略)

 

 

 

朝 6:30に拉致される

     レッドブル飲んだのに車内で爆睡

 

    8:00 闇取引の現場に到着

         106kgもあるポンプをふたつも運ばされる

         重すぎ

 

    9:30 作業開始 配電とセンサーが原因で出番なし 虚空を眺める

 

   12:30 休憩 他の人とずれたため長く休める

   14:00 再開 もはや何もせずにおわりそう

 

   14:40 終了 結局1mmも働かなかった!

 

 

さぁさぁかえるぞ~と、下の別の現場(ポンプ班)に行くともう終わってる やった~と思いきや

 

水が溢れだしている

機械からこんこんと湧く水が床を一面覆っている 意味が分からない 止まらない おいおい

 

 

水圧が低かったので水量を上げたら溢れた模様

泣きながら床を拭く

僕がやらかしたわけじゃないのに拭きまくる

 

 

結局全部片付けて16:30 帰宅して18:30

もったいないね

 

 

 

まぁこれでも今までの出張の中で1番平和だったので許そう むしろ今までがイカれすぎ

 

 

 

今日は早起きしちゃったのでさっさと寝ます

闇稼業おわり

 

 

 

 

つづく!