弓彦戦記

天才と天狗の遊び場

163戦目 「ダイジェスト」

「上司の居ぬ間に帰宅」(定時)(挨拶)

 

昨日も結局1時まで飲んだくれてしまった😫

連日寝不足なので早寝が板

 

 

~昨日のひとコマ~

 

ゆみひこ「会社のバカタレ ワシゃ絶対辞めたるけぇのう!!」

 

おじさん「なぜ広島弁

 

ゆみちゃん「いや、はだしのゲン好きなんで」

 

おじさん 「はだしのゲン

 

 

おねーちゃん「えーー!! 私もはだしのゲン好き!!!」

 

おねーちゃん「グロいから!!」

 

ゆみちゃん「えぇ...」

 

おねーちゃん「はだしのゲン読みながらお弁当食べれる!!」

 

 

ピカドンをオカズにする女、、、やば

 

 

他のおじさん「はだしのゲンどんな話か知らんわ 教えて」

 

おねーちゃん 「主人公がはだしのゲン君でー...」

 

「家族が下敷きになって妹生まれて、、、」

 

「死んだ弟のそっくりさん、、、」

 

「キミちゃんのババアが鬼畜、、、」

 

 

まさかこの調子で10巻までダイジェストするつもりかこの女

 

たまらずトイレに

そして戻ると

 

 

お金持ちの家の弟が閉じ込められてて~

 

(誠二さん、、、、、、、、、)

 

 

マジで説明へたやんけ

男だったら絶対にキモがられてる キモオタク並の解説力 女の子っていいね かわいいってずるいね、、、、、、、

 

 

 

 

 

さっさと帰るつもりが結局閉店後も盛り上がってしまい深夜 今日は仕事辛かったわ

 

 

 

つづく!